<   2004年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

アロマセラピー

仕事にも使えるので、ちょっと本格的に始めました。

きちんと系統立てて勉強し始めて気がついたことは、体が本当に
自分に必要な香りを好むと言うこと。

例えば今日はちょっとだるくて風邪気味、特にこれといったストレスは
ないけれど、漠然とした不安が…。ホルモンバランスの悪い時期という感じ。
ゆっくりお風呂に入ろうと、バスソルトを作ろうと思い立ちました。

で…あれこれ香りを試すこと5分(私の嗅覚がはっきりと確かなのはこの位。
嗅覚は一番麻痺しやすい感覚なので、嗅ぎ続けていると訳が分からなくなるので
直感でこれが良いと感じた精油を選ぶのが良い様です。)、選んだ精油は
ベンゾインとネロリ、フランキンセンス、サイプレスでした。

ベンゾインは樹脂から取られる精油で別名安息香。バニラのような甘い香りで
血液循環を促し、精神を鎮静させ、重い気分の時に気分を楽にさせる作用。

ネロリは花から取られる精油で軽いフローラル系の香り。ホルモンの変化による情緒の
不安定さを緩和し、気持ちを安定させ、幸福感、平和な感情を与える作用。

フランキンセンスは樹脂から取られる精油で別名乳香。インドの神殿を思わせる香りで、
鼻風邪や咳に効き、心の不安や強迫観念を取り除く作用。

サイプレスは樹果と葉から取られる精油で松のような森林浴の様な香り。ホルモンの
バランスをとり、心にあるわだかまりを取り除く作用。

普段はベルガモットやグレープフルーツなどに代表される柑橘系やユーカリなど
さっぱりした爽快感のある精油を好むのに、今日はやたら甘い感じの香り
(普段は得意でないかも…なイランイランも良いかなと思いました。)に惹かれました。

で、効果を見てみると上記の通り。体はとても正直に必要なものを見極めます(笑)。
悩んだ結果、ベンゾイン6滴+ネロリ4滴を使って2回分のバスソルト作成。
そして1時間ほどお風呂に籠もると気持ちがかなり楽になりました~。

現在勉強しているのはイギリス式のアロマセラピーですが、フランス式のアロマテラピーも
勉強して、仕事&プライベートに役立てていきたいと思っております。

もっと勉強が進んだら、こちらでもアロマのコーナー作成しようと思ってます。
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-30 07:14 | Aromatherapy

穏やかな日

ここ数日精神的に穏やかな日が続いています。
こんな気持ちで毎日が過ごせれば良いのだけれど…。

そろそろ来年のカレンダーを入手しなければ…と思ってます。
現在部屋にあるカレンダーは3つ。ドアのところに大きなものを
机の前の壁に小さなものを。そして机の上に書き込めるものを。

来年も大きなカレンダーは落合光昭さんの野生動物の予定。
壁掛けの小さなカレンダーはダヤンを購入済み(今年はワインの
ものでした。ダヤンが手に入らなかったので)。
問題は机の上に置く書き込めるもの。今年は落合光昭さんのイヌを
使ったのですが、来年度のは出版されてないのです…。何故(涙)。

仕事、勉強、家族や友達の誕生日などおおざっぱな予定は全部
書き入れるのである程度の大きさが必要で、見て可愛くて、書きやすい
という条件をつけるとなかなか手頃なのが見つかりません。
今年初めて使ってとても良かったから来年もと思っていたのに…。

お勧めの卓上カレンダーありましたら、教えてください♪
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-29 07:05 | Diary

黄葉

b0053858_2320885.gif仕事からの帰り道、黄色く色づく銀杏がとても綺麗。
仕事先へ行く道のりでは、気持ちが集中していくので同じ光景を
見ていても目にはほとんど入りません。今回も帰る途中初めて、
「ああ、この道はこんなに美しいかったのか」と気がつきました。
澄んだ青い空と銀杏の黄色のコントラストがとても印象的。

京都で紅葉というと、椛の真っ赤な姿ですがこちらでの紅葉は
やはり銀杏の黄色がメインな気がします。椛の真っ赤な様から
紅葉というようになったのは、何時くらいからでしょう…。古事記
の頃は、黄葉と書かれ、メインは銀杏だった様。

冬の最中寒い中でじっと芽を出す準備をし、春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉と
自然の織りなす色彩は本当に見事。四季のある日本に生まれて良かったなと
心から思います。
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-28 23:27 | Diary

tete a tete

追憶の和希さんの文章を読んでいる内に久しぶりに自分の中に
ある言葉を追って、書いてみたくなりました。
でも、飽きっぽい私ですから何か対策を講じないと…。
で、白羽の矢がたったのが時愛ちゃん。小説を書く彼女の感性はとても繊細。
彼女とは全く違うところとよく似たところがあるから、きっと一緒にやったら
面白いだろうなぁ…と思い、時愛ちゃんに誘いをかけました。結果はOK。

と言うわけで、時愛ちゃんと共同で憶いを綴るBlogを作ってみました。
(と言っても以前Daysに使っていたlivedoorさんのスペースを改装して)

Blogの題「tete a tete」はフランス語で対話、二人でという意味だそう。
「沙羅(私のこと)と二人でカフェでおしゃべりするようなページに」という
彼女の希望で決まりました。可愛いネーミングで素敵♪
(そうそう、最近私は彼女の影響で可愛いもの好きになりました。以前は
シンプル&モダン一辺倒だったので、少しキャパシティー広がったかも)

ポレポレとお散歩するように、楽しんで書いていきたいと思ってます。
そちらもよろしくお願いいたします。

tete a tete -Essay-からも飛べるようになっております☆
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-27 17:33 | Diary

おうちとおでかけ

b0053858_17212625.gif3日も連続で本の紹介で…、常に本を欠かすことは
ないのですが、何故か当たりの本は連続することが
多いです。何故だろう…、流れかな…。

大好きなエッセイストの「廣瀬裕子さん」の最新刊が
こちらの「おうちとおでかけ」。Afternoon Tea の
HPで連載中のエッセイに書き下ろしが加えられたもの。


私は彼女の雑貨のセレクトやライフスタイルが大好きです。
日々の生活と時間をとても大事に過ごしている廣瀬さん。
私も彼女のように丁寧な始末の良い生活をしていきたいです。
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-26 17:16 | Book

日本酒の本

b0053858_23524819.gif基本的に好きなお酒はワインなのですが…
蔵元若葉印の若葉ちゃんや由紀の酒-日本酒談義-の
常連さんとお会いする機会に恵まれた影響で日本酒に
少し興味が出てきた今日この頃。
折角飲むなら知識も仕入れようと言うことで(何でも形から
入るタイプ)、最初に読んだのが尾瀬あきらさんが書かれた
「知識ゼロからの日本酒入門」。そして二冊目が島田律子さんの
「日本酒美人」。と言っても「日本酒美人」は現在読書中(笑)。


「知識ゼロからの日本酒入門」の方は、本当に日本酒の入門書という感じ。
日本酒独特の、大吟醸、純米、本醸造、原酒、生酒、山廃といった語句説明から
蔵の様子、飲み方までじっくり読みたいつくりになってます。
「日本酒美人」の方は、ターゲットが女性ということもあって、もう一段読みやすい。
基礎知識はさらっと流して、日本酒風呂、酒粕パックなどから、日本酒カクテル、
日本酒パーティー、日本酒を使ったお菓子のレシピまで♪

日本酒は醸造酒でありながら透明で一風変わった日本独自のお酒。
一緒に日本酒の魅力を探してみませんか??
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-25 23:42 | Book

プライド

b0053858_13144028.gif3巻が発売されたのを機にご紹介です。
漫画界の大御所「一条ゆかり」さんの最新作
「プライド」。今は亡き有名なオペラ歌手を母に
持ち、同じ道を目指す資産家の娘、史緒。
父の会社の倒産により、一度オペラの道を諦め
かけた彼女でしたが、イタリア留学をかけたコン
クールに一縷の望みを託す。そこでバイト生活を
しながらオペラ歌手を夢見る萌と激突する。
二人のプライドをかけた戦いが始まる…。

主人公の史緒と萌は全く違うプライドの持ち主、それぞれ
不器用でプライドが高く、互いに印象は最悪。それなのに…。
周囲を固める脇役陣もすごく個性的で圧倒されます(笑)。

「一条ゆかり」の原点とも集大成とも言える作品になるのではないかと…。
自分にとってプライドとは、また自分のプライドとは何かを考えさせれます。
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-24 13:12 | Book

時の香り、旅の遊び

余りテレビを見ない私ですが、とっても好きな番組のご紹介。

毎週火曜日19時スタートの「時の香り、旅の遊び」です。

野際洋子さん、中井美穂さん、氷川きよしさんナビゲートの旅番組。
今日は秋の京都スペシャルでした。丁度仕事の時間だったので、
ビデオをセットしていったのですが、仕事先で見られました☆

本当に全部巡ってみたい!と思うような構成だったのですが、私が
特に行ってみたいと思ったのは「膳處漢ぽっちり」と「実相院」。
「膳處漢ぽっちり」は古き良き京都の町屋をいかした純和風のお店、
着物でお邪魔したいという感じですが、お料理は中華♪丁寧に作られてて
本当に美味しそう。盛りつけは流石京都の雅と粋。中華料理と京都の
コラボレーションが見事!
「実相院」の「床紅葉」は、黒光りする床にうつった紅葉のこと。
本当に一日中眺めていたいような感じでした。一日、一日と景色が変わる
とのことで、1週間くらい毎日見に行きたい感じでした。

横浜周辺以外で住むなら京都か神戸が良いなぁと思う私でした。
(私は洗練された港町が好きな様です。横浜や神戸にいるとほっと… 笑)
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-23 02:36 | TV program

お礼。

お陰様で当HP、20000件Hitを達成させていただきました。

マイペースで我が侭な管理人に根気よくつきあって下さった
皆様のおかげと心より感謝しております。

DaysのA~Z企画も終了しましたので、今後は普通の日記+
私の興味を持ったお得情報、ニュースなどを中心に更新して
いきたいと思っております。

精神的に余裕が無く、カフェ巡りも出来ていませんが年内には
様々な課題を一段落させたいと思っていますので、年明けには
またカフェ巡り+家カフェも再開させたいです。

アロマテラピーやビーズワーク、エッセーなど、いくつかアップ
したいネタもたまってきておりますので、今後とも気長に気楽に
おつきあいいただけると嬉しく思います。

本当は20000件Hitの折にカウプレをと考えていたのですが、
私が考えていたのより早く達成してしまったため、保留です(汗)。
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-23 00:58 | Thought

スローフード

スローフード発祥の地、イタリアのブラでスローフードの専門大学設立
というニュースに思わず飛びついてしまいました。

和のファストフード(おにぎりやおうどん、お蕎麦など)も大好きですし、
時にはハンバーガー系(フレッシュネスバーガーが好き。クア・アイナが
とっても気になってますが未訪問)も食べたいなと思う私ですが…。

スローフードの「消えてゆく恐れのある伝統的な食材や料理、質のよい
食品、ワイン(酒)を守る」「質のよい食材を提供する小生産者を守る」
「子供たちを含めた消費者全体に、味の教育を進めていく」という趣旨
には大賛成。

やはり農業は国の基本だと思いますし、食育は大事な大人の仕事と
考えてます。

スローフードが学べる大学は一学年60人で基礎科が3年、専門科が
2年と二つのディプロマが取得可能だそう。もっと早くに出来ていれば、
通ってみたかったなぁと思いつつ、今からでも遅くはないかしら…とも
思ったりしています(好奇心旺盛な射手座でございます 笑)。

とりあえず日本の伝統的な食材や料理、文化を勉強しつつ、英語+
イタリア語の勉強に励みたいと思う今日この頃でした☆
[PR]
by luce_di_luna | 2004-11-22 23:42 | Diary